Windows95ダイヤルアップネットワーク
(セットアップウィザードなしの場合)(OSR2版) の設定方法

OEM Service Releace 2版のMicrosoft Windows 95(4.00.950 B)にもとづいて説明しております。
※若干画面イメージは違いますがパッケージの製品版Windows95でもほぼ設定方法は変わりません。


「」はメニュー項目等を表しています。[]はお客様のユーザIDや設定によって変わるところです。
文中の例では、ユーザIDが"yusaku"として説明しております。
MAC InterNetでは、"yusaku"の部分をアカウント名とよびます。


ダイヤルアップネットワークのインストール

1 「コントロールパネル」の中の「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。
(「コントロールパネル」は「マイコンピュータ」の中にあります。)

2 表示されたダイアログから「Windowsファイル」のタブを選択します。 「ファイルの種類(C):」から「通信」を選択状態にして「説明」枠内の「詳細(D)...」ボタンをクリックします。

3 表示された「通信」のダイアログで以下のように設定します。

・「ダイヤルアップネットワーク」をチェック

設定しましたら、「OK」ボタンをクリックしてゆきメニューを閉じます。
メッセージに従い、インストールを行います。


ネットワークのインストール

1 「コントロールパネル」の中の「ネットワーク」をダブルクリックします。
(ここでは、「現在のネットワーク構成」に何もインストールされていない状態を想定して説明しております。以下の設定では、MAC InterNetのみに接続すること前提にネットワーク構成を設定していきます。お客さまが別のネットワークへ接続するための設定は考慮していませんのでご注意ください。)

2 「ネットワーク」のダイアログが開きますので、「追加(A)...」ボタンをクリックします。「ネットワーク構成ファイルの追加」のダイアログで「アダプタ」を選択し、右の「追加(A)...」ボタンをクリックします。

3 「ネットワークアダプタの選択」ダイアログで、「製造元(M):」から「Microsoft」を選択して、右の「ネットワークアダプタ:」から「ダイヤルアップアダプタ」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

ネットワーク構成が追加され、「ネットワーク」のダイアログに戻ります。

4 続けて「追加(A)...」ボタンをクリックし、「ネットワーク構成ファイルの追加」のダイアログで「プロトコル」を選択し、右の「追加(A)...」ボタンをクリックします。

5 「ネットワークプロトコルの選択」ダイアログで、「製造元(M):」から「Microsoft」を選択して、右の「ネットワークプロトコル:」から「TCP/IP」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

6 追加されたネットワーク構成の中で、MAC InterNetで必要なものは以下の2つです。

・「ダイヤルアップアダプタ」
・「TCP/IP」

他は不要なので、1つづつ選択して「削除(R)」ボタンで消していきます。

7 「優先的にログオンする」で「Windowsログオン」が選択されているのを確認して、 「OK」ボタンをクリックします。

ネットワーク構成を変更したので、再起動が必要となります。メッセージに従い再起動してください。


モデムのセットアップ

1 「コントロールパネル」の中の「モデム」をダブルクリックします。

2 初めてモデム設定する場合は、モデムウィザードが起動します。メッセージに従って設定してください。

※最近のモデムやTAでは、モデム設定ファイル(INFファイル)をフロッピーディスクやCD-ROMからインストールする必要があります。(詳しくは、モデムやTAのマニュアルを参照してください。)

設定しましたら、「完了」ボタンをクリックします。


ダイヤルアップネットワークの設定

1 「マイコンピュータ」の中の「ダイヤルアップネットワーク」フォルダを開きます。

2 「新しい接続」をダブルクリックします。

3 「ダイヤルアップネットワークへようこそ」ダイアログが、開きます。

「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

4 「新しい接続」ダイアログを、以下のように設定します。

・「接続名(T):」
[MAC InterNet]と入力(任意の名前でも構いません。)
・「モデムの選択(M):」
お使いのモデムが設定されているか確認します

「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

5 接続先の電話番号を、以下のように設定します。

・「市外局番(R):」
お使いのMAC InterNetアクセスポイントの市外局番を入力
・「電話番号(T):」
お使いのMAC InterNetアクセスポイントの電話番号を入力
・「国番号(U):」
「日本(81)」を選択

「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「完了」ボタンをクリックして、設定を終了します。

6 「マイコンピュータ」の中の「ダイヤルネットワーク」フォルダを開きます。

7 [MAC InterNet]のアイコンをマウスの右ボタンでクリックして、表示されたメニューから「プロパティ(R)」を選択します。

8 「情報」タブに表示されている設定値が正しいことを確認のうえ、「サーバーの種類」タブを選択します。
(Windows 95の初期のバージョン(パッケージ製品版)では、「サーバーの種類」ボタンをクリックします。)

9 「サーバーの種類」のタブを、以下のように設定します。

・「サーバーの種類(S):」
「PPP: Windows 95,Windows NT 3.5、インターネット」を選択
「詳細オプション」の枠内
・「ネットワークへのログオン(L)」 チェックしません
・「ソフトウェア圧縮をする(C)」 チェックしません
・「暗号化パスワードを使う(E)」 チェックしません
「使用できるネットワークプロトコル」の枠内
・「NetBEUI(N)」 チェックしません
・「IPX/SPX互換(I)」 チェックしません
・「TCP/IP(T)」 チェックします

10 設定しましたら、右下の「TCP/IP設定(P)...」ボタンをクリックし、表示された「TCP/IP設定」ダイアログを以下のように設定します。

・「サーバーが割り当てたIPアドレス(S)」を選択
・「ネームサーバアドレスを指定(M)」を選択
・「プライマリDNS(D):」
218.251.96.39 と入力
・「セカンダリDNS(N):」
210.228.80.2 と入力
・「プライマリWINS(W),セカンダリWINS(I)」は設定しません
・「IPヘッダー圧縮を使用(C)」はチェックします
・「リモートネットワークでのデフォルトのゲートウェイを使用(G)」はチェックします

設定しましたら、「OK」ボタンをクリックしてゆきメニューを閉じます 。


接続方法

1 「マイコンピュータ」の中の「ダイヤルアップネットワーク」フォルダを開き、その中の[MAC InterNet]をダブルクリックします。表示された「接続」ダイアログを以下のように設定します。

・「ユーザ名(U):」
[ユーザID]を入力 例)yusaku
・「パスワード(P):」
[パスワード]を入力
・「電話番号(N):」
現在いるところから、MAC InterNetのアクセスポイントにかける電話番号となっているか確認します
※「ダイヤルのプロパティ(D)」ボタンをクリックすると、現在お使いの場所での各種ダイヤル設定のメニューとなっています。電話回線の種類(プッシュ回線:トーン,ダイヤル回線:パルス)があっているご確認ください。設定が違っていると、"BUSY(話し中)"となります。

2 確認できましたら、「接続」ボタンをクリックし接続を開始します。

「MAC InterNetに接続中」ダイアログが消えて、タスクバーにダイヤルアップネットワークのインジケータが表示されれば、接続成功です。

※接続の状況を表示するには、タスクバーのダイヤルアップネットワークのインジケータをダブルクリックするか、または「ダイヤルアップネットワーク」の中の[MAC InterNet]をダブルクリックします。


接続の終了方法

1 タスクバーのダイヤルアップネットワークのインジケータをダブルクリックするか、または「ダイヤルアップネットワーク」の中の[MAC InterNet]をダブルクリックして、タイムカウントしているダイアログを表示させます。「切断(C)」ボタンをクリックすると、接続を終了します。


【補足事項】

※設定が正しいにもかかわらず接続できない場合は、
 ・「コントロールパネル」の「ネットワーク」の設定し直し
 ・「ダイアルアップネットワーク」の[MAC InterNet]の作り直し
をお試しください。
(設定方法は、トラブルシューティングのページをご覧ください。)


Microsoft, Windows95, Windows NT, Microsoft Internet Explorerは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Windows 95の正式名称は、Microsoft(R) Windows(R) 95 operating systemです。Microsoft Internet Explorerは、Microsoft(R) Internet Explorerです。Microsoft Outlook Expressは、Microsoft(R) Outlook(TM) Expressです。


Index