Eudora -Jの設定方法

Eudora-J 1.3.8.8r4-J15にもとづいて説明しています。


「」はメニュー項目等を表しています。[ ]はお客様のアカウント名や設定によって変わるところです。
文中の例では、アカウント名が"yusaku"として説明しております。
MAC InterNetでは、"yusaku"の部分をアカウント名とよびます。
この"yusaku"の部分はソフトによって「ユーザ−ID」「ID」「アカウント」「アカウント名」等のように呼び名が違う場合がありますのでご注意ください。


設定方法

1 プルダウンメニューの「操作」より「設定変更」を選択し、表示されたダイアログを以下のように設定します。

・「POPアカウント:」
[アカウント名]@mk1.macnet.or.jp 例)yusaku@mk1.macnet.or.jp
・「本当の氏名:」
ローマ字で名前を入力
・「接続機構:」
「MacTCP」を選択
・「ユーザ認証:」
「パスワード」を選択
・「SMTPサーバー:」
mk1.macnet.or.jp
・「あなたの電子アドレス:」
[アカウント名]@mk1.macnet.or.jp 例)yusaku@mk1.macnet.or.jp
・「新着チェック頻度:」
ダイアルアップ接続では空白にします
※空白にした場合は、プルダウンメニューの「ファイル」→「新着チェック」を選択すると、新着メールをPOPサーバーに読み込みにいきます。
・「表示フォント:」,「印刷フォント:」
Macintosh以外では、等幅フォントが一般的なため、等幅フォントを推奨します
例)Osaka-等幅,等幅明朝
・「Ph/whoisサーバー:」
MAC InterNetでは用意しておりません

設定しましたら「設定」ボタンをクリックし、メニューを閉じます。


接 続

1 (ネットワークに接続した状態で)Eudora-Jの「ファイル」メニューから「私書箱をチェック」を選択すると、パスワード入力のダイアログが現れますので、パスワードを入力します。

パスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックするとPOPサーバーから新着メールを読み込みます。


スイッチの設定

1 プルダウンメニューの「操作」より「スイッチ」を選択し、表示されたダイアログで各種設定の変更ができます。

詳しくは、プログラムに添付のドキュメントをご覧ください。

・「パスワード保存」,「インライン変換」はチェックしておくと便利です
・「即時送信」 ダイアルアップ接続では、チェックをはずした方が便利です


● 最近は、「Eudora-J」に関する書籍もたくさんでているみたいですので
  それらを参考にされるのもいいと思います。             

● あと、「Eudora-J」の日本語マニュアルが宮崎医科大学にInterNet上で
  公開されてますので不明な点、詳細についてはそちらを参照して下さい。

Eudora 日本語マニュアル


EudoraはSteveDorner作で、日本語版は中田了さんによるフリーウェアです。Appleは、米国およびその他の国で登録されたApple Computer,Inc.の商標もしくは登録商標です。


Index