Eudora Pro 4.0(Macintosh版)の設定方法

Eudora Pro 4.01J にもとづいて説明しています。


「」はメニュー項目等を表しています。[ ]はお客様のアカウント名や設定によって変わるところです。
文中の例では、アカウント名が"yusaku"として説明しております。
MAC InterNetでは、"yusaku"の部分をアカウント名とよびます。
この"yusaku"の部分はソフトによって「ユーザ−ID」「ID」「アカウント」「アカウント名」等のように呼び名が違う場合がありますのでご注意ください。


設定方法

1 プルダウンメニューの「特別」より「設定...」を選択し、表示されたダイアログを以下のように設定します。

2 メニュー左の「基本設定」アイコンをクリックします。

・「本名:」
ローマ字で名前を入力
・「ユーザ名:」
[アカウント名]
例)yusaku
・「受信用メールサーバ:」
mk1.macnet.or.jp
・「返信アドレス:」
[アカウント名]@mk1.macnet.or.jp 例)yusaku@mk1.macnet.or.jp
・「オフライン(無接続)」
チェックしません

3 メニュー左の「ホスト」アイコンをクリックします。

・「受信用メールサーバ:」
先ほど入力した設定となっています
・「SMTP:」
mk1.macnet.or.jp
・「ディレクトリサービス:」,「Finger:」
入力しません
※MAC InterNetでは用意しておりません。

4 メニュー左の「メールの確認」アイコンをクリックします。

・「ユーザ名:」
先ほど入力した設定となっています
・「受信用メールサーバ:」
先ほど入力した設定となっています
・「メール確認の間隔」
ダイアルアップ接続ではチェックしません
※チェックしていない場合は、プルダウンメニューの「ファイル」→「メールの確認」を選択すると、新着メールを受信用メールサーバ(POPサーバ)に読み込みにいきます。
・「サーバに残す日数」
通常チェックしません
・「パスワードの保存」
チェックしておくと便利です
・「POP3コマンドの重複発行:」
チェックしません
・「ユーザ認証方式:」
「パスワード」のままにします

5 メニュー左の「メール送信」アイコンをクリックします。

・「返信アドレス:」
先ほど入力した設定となっています
・「SMTPサーバ:」
先ほど「SMTP:」で入力した設定となっています
・「すぐに送信:」
ダイアルアップ接続では通常チェックしません

6 メニュー左の「添付書類」アイコンをクリックします。

・「変換方式:」
相手が受けられる方式に設定します
※最近では、MIME方式が一般的になりつつあるので、「MIME-AppleDouble」を選択します。
(フリーソフトウェアのEudora-Jへファイル添付する場合は、BinHexとします。)

7 メニュー左の「画面設定」アイコンをクリックします。

・「表示フォント:」,「等幅フォント」,「印刷フォント:」
例)Osaka-等幅,等幅明朝
※インターネットのメールでは、等幅フォントが一般的なため、等幅フォントを推奨します。

以上で、基本的な設定は終了です。設定しましたら「OK」ボタンをクリックし、メニューを閉じます。


接 続

1 (ネットワークに接続した状態で)「ファイル」メニューから「メールの確認」を選択すると、パスワード入力のダイアログが現れますので、パスワードを入力します。
※「パスワードを保存する」設定になっていれば、この画面が現れるのは初めてお使いになるときだめです。

パスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックすると受信用メールサーバ(POPサーバ)から新着メールを読み込みます。


Eudora Proは、米国QUALCOMM Incorporatedの登録商標です。 日本語版開発元は、株式会社クニリサーチインターナショナルです。Appleは、米国およびその他の国で登録されたApple Computer,Inc.の商標もしくは登録商標です。


Index