■[Windows版] Microsoft Outlook Express 5.x/6.x

Microsoft Outlook Express 6.0を例に説明していますので、その他のバージョンをお使いの場合は同じ要領で該当個所を入力して下さい。
Submissionポートの設定は、SMTPポート(25番)以外のポート(587番)を利用し、メールを送信するための設定です。
インターネット接続プロバイダ様にて SMTPポート(25番) の利用が制限されている場合などにご利用いただけます。
Submissionポートをご利用いただくにはメールサーバにも"SMTP­AUTH"の設定が必要となります。
1. Outlook Expressを起動します。
2. Outlook Expressを起動し、メニューバーの「ツール」→「アカウント」をクリックします。
 
3. [メール]タブ内にある登録済みのアカウントを選択して、「プロパティ」ボタンを押します。
 
4. [サーバ]タブにある「このサーバは認証が必要」にチェックを入れ、「設定」ボタンを押します。
 
5. 「次のアカウントとパスワードでログオンする」にチェックを入れ、POPアカウントとパスワードを入力し、「OK」ボタンを押します。
 
6. [詳細設定]タブにある「送信メール(SMTP)」の番号を【587】に変更し、OKボタンを押します。
 
7. インターネットアカウントの画面も「閉じる」ボタンで終了します。
25番ポートブロッキングに関する質問と回答はこちらをご覧ください。

 
Microsoft Outlook Express はMicrosoft社 の製品です。
  ⇒Microsoftテクニカルサポートのページへ
Microsoft Outlook は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

 >> 「メールソフトの設定方法」へ戻る   ▲トップに戻る



 Copyright(c) MAC InterNet All Rights Reserved.