インターネットサービスプロバイダ MAC InterNet イメージ
インターネットサービスプロバイダ MAC InterNet バナー
ホーム インフォメーション サービス案内 サポート お問い合せ
HOME > Information > ウイルス・セキュリティ情報 > ウイルス一覧表2002
ウイルス・セキュリティ情報

ウイルス一覧表

特に影響が心配されるようなウイルスの一覧です。発見されたすべてのウイルスを記載しているわけではございません。
さらに詳しい情報を、お知りになりたい場合は下記ベンダーなどのホームページをご参照下さい。
※ウイルス定義ファイルの更新等の情報もこちらでご覧ください。
 
 
ウィンエバー (WORM_WINEVAR.A) にご注意 (2002.11.28)
 件名「N`4_<Windowsに登録された組織名>」などで届く電子メールにご注意ください。自身のコピーを電子メールに添付し、任意の宛先に送信して頒布するワーム活動を行います。ハードディスク内のファイルを削除する恐れがありますので、感染が確認されたコンピュータは決して再起動しないでください。

「ウィンエバー (WORM_WINEVAR.A) 」対策は、下記のWebページをご覧ください。

トレンドマイクロのWebページ
> 「ウィンエバー (WORM_WINEVAR.A) 」概要

シマンテックのWebページ
> 「ウィンエバー (W32.HLLW.Winevar) 」概要

また、「ウィンエバー (WORM_WINEVAR.A) 」が利用するセキュリティホールに関しては、マイクロソフトのWebページをご覧ください。
> 不適切な MIME ヘッダーが原因で Internet Explorer が電子メールの添付ファイルを実行する (MS01-020)
 
トップに戻る 
 
Outlook Expressに深刻なセキュリティホール (2002.10.11)

 細工のあるメールを読むあるいはプレビューすると、パソコン上で任意のプログラムを実行させられる危険があります。Outlook Expressをお使いの方は、セキュリティパッチを適応してください。

セキュリティパッチの適応方法
以下のWebページを開き、ダウンロード先のリストから Japanese を選択し、
お使いのOutlook Express のバージョンを選択してください。
> Microsoft Outlook Express

 
トップに戻る 
 
オパサーブ(WORM_OPASERV.A )にご注意 (2002.10.2)
 自身のコピーをネットワーク上の共有ドライブにコピーして頒布するワーム活動を行います。また、侵入したネットワーク内のコンピュータ名とドメイン名をハッカーサイトに送信する情報漏洩型ハッキングツール的機能も持っています。 ID、パスワードなどが外部に漏洩する可能性があります。オパサーブ(WORM_OPASERV.A )は、オパソフト(WORM_OPASOFT.A) から改名されたものです。

「オパサーブ(WORM_OPASERV.A )」対策は、 下記のWebページをご覧ください。

トレンドマイクロのWebページ
> 「オパサーブ(WORM_OPASERV.A ) 」概要
> 「オパサーブ(WORM_OPASERV.A )」駆除ツール
(トレンド システム クリーナVer.3.0 (TSC) の使用方法)


シマンテックのWebページ
> 「オパサーブ(W32.Opaserv.Worm) 」概要
> 「オパサーブ(W32.Opaserv.Worm)」駆除ツール
 
トップに戻る 
 
バグベア- (WORM_BUGBEAR.A) にご注意 (2002.10.2)
 添付されるファイル名が「Setup.exe」または「3 July 2002.doc.pif」の電子メールにご注意ください。 電子メールをプレビューしただけで感染するおそれがあります。Outlook Expressのアドレス帳にある全ての宛先に、自身のコピーを添付したメールを送信します。

「バグベア- (WORM_BUGBEAR.A) 」対策は、下記のWebページをご覧ください。

トレンドマイクロのWebページ
> 「バグベア- (WORM_BUGBEAR.A) 」概要
> 「バグベア- (WORM_BUGBEAR.A) 」駆除ツール
(トレンド システム クリーナVer.3.0 (TSC) の使用方法)

シマンテックのWebページ
> 「バグベア- (W32.Bugbear@mm) 」概要
> 「バグベア- (W32.Bugbear@mm) 」駆除ツール

また、「バグベア- (WORM_BUGBEAR.A) 」が利用するセキュリティホールに関しては、マイクロソフトのWebページをご覧ください。
> Bugbear に関する情報

 
トップに戻る 
 
フレゼムL(WORM_FRETHEM.L) にご注意 (2002.5.22)
「Re: Your password!」という件名で届く電子メールにご注意ください。自身のコピーを電子メールに添付し、任意の宛先に送信して頒布するワーム活動を行います。

「フレゼムL (WORM_FRETHEM.L) 」対策は、下記のWebページをご覧ください。

トレンドマイクロのWebページ
> 「フレゼムL (WORM_FRETHEM.L) 」概要
> 「フレゼムL (WORM_FRETHEM.L) 」駆除ツール

シマンテックのWebページ
> 「フレゼムL (W32.Frethem.L@mm) 」概要
> 「フレゼムL (W32.Frethem.L@mm) 」駆除ツール

また、「フレゼムL (WORM_FRETHEM.K) 」が利用するセキュリティホールに関しては、マイクロソフトのWebページをご覧ください。
> Frethem に関する情報

 
トップに戻る 
 
クレズE (WORM_KLEZ.E ) にご注意 (2002.4.15)
 現在流行しているウイルス「クレズE (WORM_KLEZ.E) 」は、システム日付が奇数月 (1月/3月/5月/7月/9月/11月) の6日に、特定の拡張子を持つファイルを「ゴミ」データ (不定な文字列・スペース等) へ上書きする活動を行います。

この奇数月6日の破壊活動は「クレズE (WORM_KLEZ.E) 」に感染している場合に発生します。
「クレズG (WORM_KLEZ.G) 」はこの破壊活動をおこないません。
なお、この破壊活動は奇数月6日にパソコンを起動しなければおこなわれることはありません。

「クレズE(WORM_KLEZ) 」対策は、下記のWebページをご覧ください。

トレンドマイクロのWebページ
> 「クレズE(WORM_KLEZ.E ) 」対策Web
> 「クレズE(WORM_KLEZ.E ) 」感染マシンの修復


シマンテックのWebページ
> 「クレズE (W32.Klez.E@mm) 」概要
> 「クレズE (W32.Klez.E@mm) 」感染マシンの修復

また、「クレズE (WORM_KLEZ.E ) 」が利用するセキュリティホールに関しては、マイクロソフトのWebページをご覧ください。
> クレズE に関する情報

 
トップに戻る 
Contens

 重要なお知らせ

 緊急連絡

 メンテナンス情報

 障害情報

 ウイルス・
    セキュリティ情報


 Amazon.co.jpアソシエイト
ノートン・アンチウイルス 2006
定価: ¥7,140 (税込)
価格: ¥4,734 (税込)
OFF: ¥2,406 (34%)
ノートン・インターネットセキュリティ 2006
定価: ¥8,925 (税込)
価格: ¥7,256 (税込)
OFF: ¥1,669 (19%)
ウイルスバスター 2006インターネットセキュリティ
定価: ¥8,925 (税込)
価格: ¥5,801 (税込)
OFF: ¥3,124 (35%)
ウイルスセキュリティ2006
価格: ¥1,980 (税込)
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
デル9_234x60
half Banner_dvdhb

 Copyright(c) MAC InterNet All Rights Reserved.